menu

2FA(二段階認証)

ユーザーID、パスワードだけでなくセキュリティーコードによる確認も行うことでより安全性を高められる2FA(Two-Factor Authentication)二段階認証というものがあります。

ウォレット、取引所、ネットバンキングで良く使われる仕組みです。
Google AuthenticatorやMicrosoft Authenticator、Authyが有名です。
スマホアプリでワンタイムコードを表示するあれです。

参考ですがGoogle Authenticatorの仕組みをご紹介させて頂きます。

1.
Webサービス側が生成し表示したそのユーザー専用の秘密鍵(コード)を読み取る(QR表示が多い)

2.
現在時刻を整数に変換し30秒で割り(切り捨て)カンターとする。

3.
秘密鍵とカウンターをハッシュ関数にかけた先頭6桁の数字を表示。
これが皆さんが目にするセキュリティーコードです。

セキュリティーコードは30秒など一定時間のみ有効なうえに秘密鍵を送受信しているわけではないので非常にリスクを低くすることが可能です。

また以前は使えていたのに急に使えなくなったという方はお使いの端末の時間がズレていることが多くあります。
特にAndroid OSで良くこの事象を見受けます。
端末の設定画面から「日付と時刻」などの時間の設定画面に進み「自動設定」とすると問題が解決することが多くあります。

またこの秘密鍵のバックアップは必ず取っておきましょう。
オススメの方法はメモ帳などに記載しUSBメモリに保管しオフラインで管理する方法がオススメです。

WWDC20 次期macOSはBig Surです。

関連記事

  1. ブロックチェーンの形とは?

    いきなり答えを申し上げると大きくわけて3つの形式があります。私は4つではと…

  2. Ethereum/イーサリアムとは

    2013年、当時19歳、ウォータールー大学生であったヴィタリック・ブテリン…

  3. プラットフォームとは

    Platform(プラットフォーム)周辺よりも高くなった水平で平らな場所。…

  4. ブロックヘッダについて

    ブロックヘッダについてもう少し詳しくみて参りましょう。ve…

  5. ブロックチェーンを簡単に説明する

    ・変更・削除・改ざん・ダウンしないネットワーク共有型のデータベース*概念だ…

  6. ウォレットのご紹介

    前回、仮想通貨を使用するにはウォレットが必需品ですとお話させて頂きました。…

  7. ブロックについて知ろう

    ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。…

  8. 仮想通貨のはじめかた

    便利になり過ぎて皆さまが普段意識せず使用して部分も少しだけですが踏み込んで…

PAGE TOP