menu

ウォレットのご紹介

前回、仮想通貨を使用するにはウォレットが必需品ですとお話させて頂きました。
そんなウォレットですが大きく分けて4種類あります。
(3〜6くらいの分類の仕方があります)
それでは4種類のウォレットを比較して参りましょう。

オンラインウォレット(Webウォレット)
インターネットブラウザ上で使用可能なウォレットです。
取引所のウォレットをイメージして頂くとわかりやすいかもしれません。
メリットは簡単に作成ができどの端末からでもアクセスでき端末が壊れても全く問題がないと言うことです。
デメリットは取引所と一連托生です。メンテナンス中は何も出来ませんし破綻したら仮想通貨がなくなる可能性があります。
また常にオンライン上に存在するのでハッキングのリスクは4種類の中で一番高いのではないでしょうか?
“パスワード管理の大切さ”でご紹介させて頂いた2FA(二段階認証)を設定することによりセキュリティレベルの向上は見込めますが根本的には危険性が非常に高いですので別の方法での管理をオススメ致します。

主なオンラインウォレット
Blockchain
https://www.blockchain.com/
Coinbase
https://www.coinbase.com/
Coincheck
https://coincheck.com/ja/

ソフトウエアウォレット(ローカルウォレット)
ソフトウェアをダウンロードしてローカルの環境で使用するタイプのウォレットです。サービスによってはオンライン環境とオフライン環境の両方で利用できるものもあり仮想通貨開発者の多くがこのタイプのウォレットを使用しています。
メリットは仮想通貨取引所の影響を受けない、オンラインウォレットより安全性は高い。またオフラインでも確認可能な点です。
またデメリットは完全に個人管理になるためハッキングやウィルスの影響だけでなく端末の管理もきちんと行わなければなりません。
またソフトウエアをインストールしたマシンしか利用できないことにも注意が必要です。

主なソフトウエアウォレット
Bitcoin core(フルクライアント)
https://bitcoin.org/ja/download
MyEtherWallet
https://www.myetherwallet.com/
Ginco(モバイルウォレット)
https://ginco.io/

ハードウエアウォレット
物理的に独立したUSBメモリのような形のハードウエア(内臓チップ)に秘密鍵を保管します。
オフライン環境での管理なのでハッキングの可能性はほぼなくセキュリテイは高いと言えます。
メリットはセキュリティの高さです。仮にPCがウィルスに感染していても関係ありません。外部の影響を受けないことが何よりのメリットです。
また非常に多くの種類の仮想通貨に対応しています。
デメリットは購入の費用と破損、紛失のリスクです。人間のミスによる影響は思いっきり受けますので端末の管理には注意が必要です。
またハードウエアそのものに細工をされて秘密鍵が流出することはあるようですので必ず正規品をオフィシャルから購入するようことをオススメ致します。

主なハードウエアウォレット
Trezor
https://trezor.io/
Ledger Nano
https://www.ledger.com/
BITHD
https://bithd.com/

ペーパーウォレット(コールドウォレット)
アドレスと秘密鍵をQRコードにし紙に印刷して保管する方法です。
ネットワークにつながることがないため一番安全な保管方法です。
メリットは紙の印刷代のみで高セキュリティのウォレットが何個でも作成出来ることにつきます。
デメリットは紙の紛失、破損、劣化です。こうなってしまうと資産を取り出せなくなります。また送金など資産を動かす際の手間は一番かかります。
金額によっては銀行の貸金庫などで保管することをオススメ致します。

主なペーパーウォレットサービス
bitaddress.org
https://www.bitaddress.org/
MyEtherWallet
https://www.myetherwallet.com/

いかがでしたでしょうか?
安全性と便利さがトレードオフと言うことに気付かれたかと思います。
どれが良くどれが悪いと言うことではなく、皆さまの仮想通貨ライフに合わせたウォレットを上手く組み合わせてお使い頂くと安心で快適な環境に近くかも知れません。
少しでも参考になれば幸いです。

仮想通貨のはじめかた

WWDC20 次期macOSはBig Surです。

関連記事

  1. ブロックについて知ろう

    ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。…

  2. Ethereum/イーサリアムとは

    2013年、当時19歳、ウォータールー大学生であったヴィタリック・ブテリン…

  3. Bitcoinとは何か?

    Bitcoinとは管理主体がなくとも不正なく流通するデジタル通貨です。…

  4. Bitcoinの特徴とは?

    ・世界中で24時間365日、いつでも利用できる データサイズが小さいため取…

  5. ブロックヘッダについて

    ブロックヘッダについてもう少し詳しくみて参りましょう。ve…

  6. ブロックチェーンの形とは?

    いきなり答えを申し上げると大きくわけて3つの形式があります。私は4つではと…

  7. データベースではダメなのか?

    少しネットに詳しい方はとある疑問にぶつかります。なぜデータベースではいけな…

  8. ブロックチェーンの影響力とは?

    話題のブロックチェーンですがどのくらいの影響力があるか皆さま考えたことござ…

PAGE TOP