menu

トークンエコノミーとは?

最近、〇〇エコノミーと言う言葉を耳にする機会が増えたように感じるのは私だけでしょうか?
ここではブロックチェーン業界で良く登場する言葉、トークンエコノミーについて一緒に見て参りたいと思います。

以前トークンについては“プラットフォームとは”でお話させて頂きましたがもう一度おさらいです。
Token(トークン)とは引換券です。
業界的には既存のブロックチェーンを使用していると認識します。

エコノミーと言う言葉が加わると
代替通貨で作られる経済圏と言う意味になります。

国や金融機関に依存せず商品やサービスなどの交換がTokenで成り立ちます。
この第三者が介さずとも取引可能なため管理者、政府にとらわれる必要がありません。
技術や新たな発想さえあればより良い経済の仕組みへと発展していく可能性を秘めています。

ただ良いことだけではありません。
まだ新しい概念だけに普及していません。
円やドルのようにどこでも簡単には使えません。
またTokenの買い方、ウォレットの使い方など基本的な知識は必要になります。
(個人的には英語のハードルもあります)

新しいことに興味や手探りでも楽しめる方には可能性のある経済圏がどんどん広がっていくことは疑いようのない事実です。
基礎知識はこのサイトで十分なように致します。

今後、実際のプロジェクトも含めてご紹介して参りますのでトークンエコノミーと言う言葉、ぜひ覚えてみて下さい。

Ripple/リップルについて

スマートコントラクトとは?

関連記事

  1. ブロックチェーンとBitcoin

    ブロックチェーンの技術は・暗号技術(1970年〜1980年代)・デジタル通…

  2. ブロックヘッダについて

    ブロックヘッダについてもう少し詳しくみて参りましょう。ve…

  3. ブロックについて知ろう

    ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。…

  4. ブロックチェーンの定義

    ひき肉のあたりから少し緩くなっておりましたので今回は硬派な内容のご紹介です…

  5. トランザクションリストについて

    トランザクションについて前々回の"ブロックについて知ろう"を少しおさらいし…

  6. プラットフォームとは

    Platform(プラットフォーム)周辺よりも高くなった水平で平らな場所。…

  7. パスワード管理の大切さ

    皆さんの中で123456passwordadminlovely777777…

  8. Bitcoinの特徴とは?

    ・世界中で24時間365日、いつでも利用できる データサイズが小さいため取…

PAGE TOP