menu

ブロックヘッダについて

ブロックヘッダについてもう少し詳しくみて参りましょう。

version
どの仕組みを使うのかを意味します。
あまり変わることはありません。

Previous Block Hash(Prevblockhash)
前のブロックヘッダのハッシュです。
ハッシュ関数(Sha-256)で2回ハッシュ化しバイト単位で順序が反転した数値。

Merkle Root(roothash)
ブロックに含まれるトランザクションの要約。

Timestamp(time)
ブロックが作られた時間。
実はブロックの順序とは関係なく逆転することがある。

Difficulty Target(bits)
ブロック作成時のProof of workの難易度(difficurty)
ブロックヘッダのハッシュより数字が小さければマイニング成功を意味する。

Nonce
Proof of workで求める数字。

ブロックについて知ろう

トランザクションリストについて

関連記事

  1. 12.5BTCをGETしよう

    一番早く計算問題を解くと12.5BTCが貰えます。チャンスは1回きりではあ…

  2. 法律では仮想通貨をどうみているのか?

    仮想通貨・暗号通貨と呼ばれているのですが法律的には通貨として認められている…

  3. ブロックチェーンの形とは?

    いきなり答えを申し上げると大きくわけて3つの形式があります。私は4つではと…

  4. ブロックチェーンを簡単に説明する

    ・変更・削除・改ざん・ダウンしないネットワーク共有型のデータベース*概念だ…

  5. プラットフォームとは

    Platform(プラットフォーム)周辺よりも高くなった水平で平らな場所。…

  6. ブロックについて知ろう

    ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。…

  7. スマートコントラクトとは?

    スマートスピーカースマートウォッチスマートグラスそしてもう意識すらしないス…

  8. ブロックチェーンの影響力とは?

    話題のブロックチェーンですがどのくらいの影響力があるか皆さま考えたことござ…

PAGE TOP