menu

ブロックヘッダについて

ブロックヘッダについてもう少し詳しくみて参りましょう。

version
どの仕組みを使うのかを意味します。
あまり変わることはありません。

Previous Block Hash(Prevblockhash)
前のブロックヘッダのハッシュです。
ハッシュ関数(Sha-256)で2回ハッシュ化しバイト単位で順序が反転した数値。

Merkle Root(roothash)
ブロックに含まれるトランザクションの要約。

Timestamp(time)
ブロックが作られた時間。
実はブロックの順序とは関係なく逆転することがある。

Difficulty Target(bits)
ブロック作成時のProof of workの難易度(difficurty)
ブロックヘッダのハッシュより数字が小さければマイニング成功を意味する。

Nonce
Proof of workで求める数字。

ブロックについて知ろう

トランザクションリストについて

関連記事

  1. ブロックチェーンとBitcoin

    ブロックチェーンの技術は・暗号技術(1970年〜1980年代)・デジタル通…

  2. Bitcoinの特徴とは?

    ・世界中で24時間365日、いつでも利用できる データサイズが小さいため取…

  3. Bitcoinとは何か?

    Bitcoinとは管理主体がなくとも不正なく流通するデジタル通貨です。…

  4. ウォレットのご紹介

    前回、仮想通貨を使用するにはウォレットが必需品ですとお話させて頂きました。…

  5. 仮想通貨のはじめかた

    便利になり過ぎて皆さまが普段意識せず使用して部分も少しだけですが踏み込んで…

  6. 法律では仮想通貨をどうみているのか?

    仮想通貨・暗号通貨と呼ばれているのですが法律的には通貨として認められている…

  7. プラットフォームとは

    Platform(プラットフォーム)周辺よりも高くなった水平で平らな場所。…

  8. スマートコントラクトとは?

    スマートスピーカースマートウォッチスマートグラスそしてもう意識すらしないス…

PAGE TOP