menu

ブロックについて知ろう

ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。

ブロックの中を大別すると
・ブロックヘッダ
・トランザクションリスト
の2つで構成されています。

さらに細かくみていきましょう。

ブロックヘッダの中に
・前のブロックのハッシュ
・Nonce(ナンス)
・マークルルート
などが入っております。

なぜチェーンのようにつながるかお分かり頂けたかと思いますが、単純に前の
ブロックのハッシュがブロックヘッダにあるからです。

少し付け加えますとハッシュ関数には入力の値が少しでも変わると出力結果が大きく変わります。この性質があるため何か改ざんなどがあれば前後の整合性が取れなくエラーとなります。反対に考えると前の内容を変更したくても出来ない仕組みでもあります。

“ブロックチェーンを簡単に説明する”
以前、ハッシュについて説明させて頂きましたのでもしよろしければあわせてご覧下さい。

トランザクションリストは読んで頂いたそのままです。
トランザクションと呼ばれる取引データのリストです。
参考ですがBitcoinは1ブロックが1MBまでと決められており3,000くらいまでを目安に取引データが入っています。

法律では仮想通貨をどうみているのか?

ブロックヘッダについて

関連記事

  1. トークンエコノミーとは?

    最近、〇〇エコノミーと言う言葉を耳にする機会が増えたように感じるのは私だけ…

  2. データベースではダメなのか?

    少しネットに詳しい方はとある疑問にぶつかります。なぜデータベースではいけな…

  3. ブロックチェーンの定義

    ひき肉のあたりから少し緩くなっておりましたので今回は硬派な内容のご紹介です…

  4. ブロックチェーンとBitcoin

    ブロックチェーンの技術は・暗号技術(1970年〜1980年代)・デジタル通…

  5. 仮想通貨のはじめかた

    便利になり過ぎて皆さまが普段意識せず使用して部分も少しだけですが踏み込んで…

  6. ブロックヘッダについて

    ブロックヘッダについてもう少し詳しくみて参りましょう。ve…

  7. トランザクションリストについて

    トランザクションについて前々回の"ブロックについて知ろう"を少しおさらいし…

  8. Bitcoinとは何か?

    Bitcoinとは管理主体がなくとも不正なく流通するデジタル通貨です。…

PAGE TOP