menu

ブロックについて知ろう

ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。

ブロックの中を大別すると
・ブロックヘッダ
・トランザクションリスト
の2つで構成されています。

さらに細かくみていきましょう。

ブロックヘッダの中に
・前のブロックのハッシュ
・Nonce(ナンス)
・マークルルート
などが入っております。

なぜチェーンのようにつながるかお分かり頂けたかと思いますが、単純に前の
ブロックのハッシュがブロックヘッダにあるからです。

少し付け加えますとハッシュ関数には入力の値が少しでも変わると出力結果が大きく変わります。この性質があるため何か改ざんなどがあれば前後の整合性が取れなくエラーとなります。反対に考えると前の内容を変更したくても出来ない仕組みでもあります。

“ブロックチェーンを簡単に説明する”
以前、ハッシュについて説明させて頂きましたのでもしよろしければあわせてご覧下さい。

トランザクションリストは読んで頂いたそのままです。
トランザクションと呼ばれる取引データのリストです。
参考ですがBitcoinは1ブロックが1MBまでと決められており3,000くらいまでを目安に取引データが入っています。

法律では仮想通貨をどうみているのか?

ブロックヘッダについて

関連記事

  1. ブロックチェーンの形とは?

    いきなり答えを申し上げると大きくわけて3つの形式があります。私は4つではと…

  2. スマートコントラクトとは?

    スマートスピーカースマートウォッチスマートグラスそしてもう意識すらしないス…

  3. トークンエコノミーとは?

    最近、〇〇エコノミーと言う言葉を耳にする機会が増えたように感じるのは私だけ…

  4. ブロックチェーンを簡単に説明する

    ・変更・削除・改ざん・ダウンしないネットワーク共有型のデータベース*概念だ…

  5. プラットフォームとは

    Platform(プラットフォーム)周辺よりも高くなった水平で平らな場所。…

  6. Bitcoinの特徴とは?

    ・世界中で24時間365日、いつでも利用できる データサイズが小さいため取…

  7. 法律では仮想通貨をどうみているのか?

    仮想通貨・暗号通貨と呼ばれているのですが法律的には通貨として認められている…

  8. トランザクションリストについて

    トランザクションについて前々回の"ブロックについて知ろう"を少しおさらいし…

PAGE TOP