menu

ブロックチェーンの定義

ひき肉のあたりから少し緩くなっておりましたので今回は硬派な内容のご紹介です。

日本ブロックチェーン協会
Japan Blockchain Association
と言う機関が公表している内容です。

ブロックチェーンの定義

1)「ビザンチン障害を含む不特定多数のノードを用い、時間の経過とともにその時点の合意が覆る確率が0へ収束するプロトコル、またはその実装をブロックチェーンと呼ぶ。」
1) A blockchain is defined as a protocol, or implementation of a protocol, used by an unspecified number of nodes containing Byzantine faults, and converges the probability of consensus reversion with the passage of time to zero.

2)「電子署名とハッシュポインタを使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現する技術を広義のブロックチェーンと呼ぶ。」
2) In a broader sense, a blockchain is a technology with a data structure which can easily detect manipulation using digital signatures and hash pointers, and where the data has high availability and integrity due to distribution across multiple nodes on a network.

眠たくなってきましたね。
日本語に日本語訳が必要なレベルです。

ここで重要なワードは
・ビザンチン障害 = 改ざん・故障・ハッキングを前提をしたシステム
・ノード = 節、こぶ、交点などの英単語、ここではコンピュータ
・電子署名とハッシュポインタ = 暗号技術
・高可用性 = ほぼ止まることのないシステム
・データ同一性 = 独立したマシンで完全に同じデータベースを所有している状態

ぜひ上記のキーワードを読み替えてもう一度チャレンジしてみて下さい。

またお勉強の出来る有識者の皆さまが議論したことと存じますがもう少し一般的に、そして読み手に伝わり易いようにして頂くとより技術が普及していくのではないでしょうか?

お金以外の使い道

データベースではダメなのか?

関連記事

  1. ブロックチェーンとBitcoin

    ブロックチェーンの技術は・暗号技術(1970年〜1980年代)・デジタル通…

  2. Bitcoinの特徴とは?

    ・世界中で24時間365日、いつでも利用できる データサイズが小さいため取…

  3. トランザクションリストについて

    トランザクションについて前々回の"ブロックについて知ろう"を少しおさらいし…

  4. ウォレットのご紹介

    前回、仮想通貨を使用するにはウォレットが必需品ですとお話させて頂きました。…

  5. 仮想通貨のはじめかた

    便利になり過ぎて皆さまが普段意識せず使用して部分も少しだけですが踏み込んで…

  6. ブロックについて知ろう

    ブロックチェーンを構成するブロックについてもう少し詳しくみていきましょう。…

  7. パスワード管理の大切さ

    皆さんの中で123456passwordadminlovely777777…

  8. 12.5BTCをGETしよう

    一番早く計算問題を解くと12.5BTCが貰えます。チャンスは1回きりではあ…

PAGE TOP